FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

この度、ムジカ・クオーレフルートアンサンブルに復帰する事になりました。

昨年11月にお話を頂き、1ヶ月以上悩みに悩んで、悩み過ぎて禿げましたが(笑)、今年に入り復帰を決めました。

私にとってムジカ・クオーレは、とてもとても大事なアンサンブルグループです。

プロ団体であるにもかかわらず、クオーレは本番まで何度も何度も厳しい練習を沢山積んで本番に臨みます。

このストイックな環境に戻るには、生半可な決意ではやっていけません。

しっかり腹をくくり決断しました。(笑)

戻ってみると、練習が厳しい事には変わりないのですが楽しい!

良い音楽を追求する意思がメンバー全員で共有出来ているって素晴らしい事だと再確認しました。

そしてこの団の指揮者であり全ての曲の編曲をして下さっている宮本先生から溢れ出てくる音楽。

これは本当に学ぶ事ばかりです。

今回のプログラムはバルセロナフルートオーケストラとの共演という事もあり、テーマがスペイン。

マラン・マレーのラ・フォリアの主題による変奏曲の日本初演は宮本先生なんだそうです!

そんな貴重なお話を聞けるのも、とても楽しいです。

演奏会は

7月1日(日)14:00開演

※13:30~バルセロナフルートオーケストラによるプレコンサートがございます。

白寿ホール

全自由席¥3,500[当日¥3,800]

プログラム

M.マレー/ラ・フォリアの主題による変奏曲

J.M.ルエラ/瞑想曲〈日本初演〉

独奏:酒井佳子(バルセロナフルートオーケストラメンバー)

D.チマローザ/2本のフルートのための協奏曲ト長調第1楽章

E.トルドラ/海辺の眺め

J.セラ/旧友

E.グラナドス/オペラ「ゴイェスカス」より間奏曲

I.アルベニス/「スペインの歌op.232」より第4曲コルドバ

G.ヴェルディ/「運命の力」序曲

有り難い事にチケットが残り僅かだそうです♪

そして、6月29日(金)はバルセロナフルートオーケストラの東京公演がございます。

6月29日(金)19:00開演(18:30開場)

スペース・Do

管楽器専門店ダク地下

¥2,500(全自由席)

プログラム

ヴィヴァルディ/フルート協奏曲ニ長調「ごしきひわ」他

6月29日お問い合わせ・管楽器専門店ダク03-3361-2211

皆様のお越しを心よりお待ちしております♪


この記事へコメントする















FC2USER403469HEU

Author:FC2USER403469HEU
宮崎県出身。
12才よりフルートをはじめる。
1986年・87年、
宮崎県独唱・独奏コンクールにて連続入賞。
1989年、国立音楽大学入学。
在学中1992年、全日本演奏家協会オーディション合格。
1993年、国立音楽大学卒業。
1994年、東京音楽の森オーディションに合格。
同新人推薦コンサートに出演。
同年、国際芸術連盟オーディションに合格。
翌年、新人推薦コンサートに出演。
1995年8月イタリアにて
レスピーギ音楽院サマーセミナー参加。
アンドラーシュ・アドリアン氏に師事し、ディプロマ取得。
1996年ロータリー財団奨学生に選ばれる。同年、渡独。
1997年国立ミュンヘン、リヒャルト・シュトラウス音楽院に入学し、1998年修了。
帰国後は、ムジカ・クオーレフルートアンサンブルメンバーとして活動する他、多摩六都科学館でのマタニティーコンサートに企画提供コンサート出演など、ソロ、アンサンブル等、精力的に演奏活動を行っている。
その他、元道俊哉氏のCD、NHK”花の百名山”より「The Flowers」や、”野鳥百景”より「The Birds」にも参加演奏している。
現在、R.flute.cnmpany主宰、宮地楽器フルート科講師。
また、中学校高校の第1種教員免許、子ども支援士の資格を持ち、2017年度東京学芸大学放課後児童クラブ森の子ども教室音楽プロジェクトにおいて、代表メイン講師を務めた。
これまでに宮本明恭氏、西田直孝氏、桐原直子氏、マリアンネ・ヘンケル氏、エリザベト・ヴァインツィール氏の各氏に師事。