FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

4日目の夕方ドイツ国際平和村を後にして、コンサートを頑張ったご褒美としてドレスデンに飛びました。✈️

写真はドイツ国内線の飛行機、オイロウイングス。✈️

飛行機の中はバスくらいの広さです。

ちゃんと飛ぶのか不安でしたが、ちゃんと飛びました。(笑)

ドレスデン空港には無事着けたのですが、電車が工事で走ってなくf(^^;、宿泊ホテルまでタクシー移動でした。

タクシーの中では運転手さんと、2才児レベルのドイツ語で頑張って会話しました。

いや、頑張って会話してくれたのは運転手さんですね。(笑)

疲れてホテル到着でしたが、お部屋に入ってテンションがあがりました!

4つ星ホテル!素敵です!

連れて行った子ども達もはしゃいでます。(笑)

夕食は遅かったのもあり、レストランに出掛ける体力が残ってなく、ホテルの隣のマクドナルドでテイクアウト。

お部屋で乾杯です。

ドイツのマクドナルドにはビールがあるのです

そして5日目は朝からドレスデン観光。

ずーっと見たいと思っていたシスティーナのマドンナ。

やっと会えました!感激で泣きそうでした。

そして6日目はライプツィヒに足を伸ばして、聖トーマス教会へ。

音楽の父と呼ばれるバッハはこの教会でオルガンを弾いていました。

手前に見えるのはバッハのお墓です。

そして私が一番好きな世界最古のオーケストラ、ゲヴァントハウスはこの聖トーマス教会の附属オーケストラですが、初代指揮者はなんとメンデルスゾーンです。

ステンドグラスの中央にメンデルスゾーンがいます。

教会を見学した後、隣にあるバッハ博物館へ。

小さな博物館でしたが、バッハ好きにはたまりません♪

気が早いですが、秋の麗笛の会発表会の記念品もここで購入しました。

今年、参加する生徒さん達はラッキーです。(笑)

お昼はライプツィヒで有名なドイツ料理のレストランで乾杯。

お料理も美味しかったです♪(量も多い(笑))

夕方、ドレスデンへ戻り

夜はドレスデンのオペラ座、ゼンパーオーパーでオペラ観賞。

ドニゼッティの愛の妙薬を観ました。

大きな劇場ではありませんが、とても美しいです。

ドレスデンのオペラ座と言えば、この綺麗な緞帳。

記念撮影もしました♪

ドイツ最後の夜、最高でした✨


この記事へコメントする















FC2USER403469HEU

Author:FC2USER403469HEU
宮崎県出身。
12才よりフルートをはじめる。
1986年・87年、
宮崎県独唱・独奏コンクールにて連続入賞。
1989年、国立音楽大学入学。
在学中1992年、全日本演奏家協会オーディション合格。
1993年、国立音楽大学卒業。
1994年、東京音楽の森オーディションに合格。
同新人推薦コンサートに出演。
同年、国際芸術連盟オーディションに合格。
翌年、新人推薦コンサートに出演。
1995年8月イタリアにて
レスピーギ音楽院サマーセミナー参加。
アンドラーシュ・アドリアン氏に師事し、ディプロマ取得。
1996年ロータリー財団奨学生に選ばれる。同年、渡独。
1997年国立ミュンヘン、リヒャルト・シュトラウス音楽院に入学し、1998年修了。
帰国後は、ムジカ・クオーレフルートアンサンブルメンバーとして活動する他、多摩六都科学館でのマタニティーコンサートに企画提供コンサート出演など、ソロ、アンサンブル等、精力的に演奏活動を行っている。
その他、元道俊哉氏のCD、NHK”花の百名山”より「The Flowers」や、”野鳥百景”より「The Birds」にも参加演奏している。
現在、R.flute.cnmpany主宰、宮地楽器フルート科講師。
また、中学校高校の第1種教員免許、子ども支援士の資格を持ち、2017年度東京学芸大学放課後児童クラブ森の子ども教室音楽プロジェクトにおいて、代表メイン講師を務めた。
これまでに宮本明恭氏、西田直孝氏、桐原直子氏、マリアンネ・ヘンケル氏、エリザベト・ヴァインツィール氏の各氏に師事。