FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

昨日、午前中コンクールを受ける子のレッスンをした後、午後からは大学の大先輩のお宅へお邪魔してきました。

ピッコロ、木管フルート、アンティークなフルートから頭部管まで、沢山の楽器を見せて頂き試奏させて頂きました。

その際に良い音の出るポジションの話にもなりました。

これについては先生によってもそれぞれ持論はあるかと思いますが、私が日頃生徒さん達に伝えている事と、大先輩がおっしゃっていた事が同じだったのが嬉しくて、何よりもの収穫となりました。

私が学生だった頃、私の師匠である宮本先生(元NHK交響楽団主席奏者)が「先生というものはいつも自分が正しい指導を出来ているか不安です。だから先生も勉強するのです。」とおっしゃっていました。

その事を教えてくださった当時の先生と私の年齢があまり変わらなくなってきました。(笑)

先生が偉大過ぎてまだまだ足元にも及びませんが、今、私の所に来てくださっている生徒さん達には先生から教わった事を、取り入れている事が沢山あります。

特に音作りのロングトーンについては全員必ずレッスンに取り入れています。

このロングトーンを真面目に練習してくれる人は間違いなく上達します♪

先月から新しい生徒さんがレッスンに来てくれています。

良い音出して欲しいな~♪と願いながら五線紙にロングトーンの音符を書くのが楽しい時間だったりするのですが、今日はこれに良い音の出るポジションについてもレッスン出来るなと思うとワクワクします♪


この記事へコメントする















FC2USER403469HEU

Author:FC2USER403469HEU
宮崎県出身。
12才よりフルートをはじめる。
1986年・87年、
宮崎県独唱・独奏コンクールにて連続入賞。
1989年、国立音楽大学入学。
在学中1992年、全日本演奏家協会オーディション合格。
1993年、国立音楽大学卒業。
1994年、東京音楽の森オーディションに合格。
同新人推薦コンサートに出演。
同年、国際芸術連盟オーディションに合格。
翌年、新人推薦コンサートに出演。
1995年8月イタリアにて
レスピーギ音楽院サマーセミナー参加。
アンドラーシュ・アドリアン氏に師事し、ディプロマ取得。
1996年ロータリー財団奨学生に選ばれる。同年、渡独。
1997年国立ミュンヘン、リヒャルト・シュトラウス音楽院に入学し、1998年修了。
帰国後は、ムジカ・クオーレフルートアンサンブルメンバーとして活動する他、多摩六都科学館でのマタニティーコンサートに企画提供コンサート出演など、ソロ、アンサンブル等、精力的に演奏活動を行っている。
その他、元道俊哉氏のCD、NHK”花の百名山”より「The Flowers」や、”野鳥百景”より「The Birds」にも参加演奏している。
現在、R.flute.cnmpany主宰、宮地楽器フルート科講師。
また、中学校高校の第1種教員免許、子ども支援士の資格を持ち、2017年度東京学芸大学放課後児童クラブ森の子ども教室音楽プロジェクトにおいて、代表メイン講師を務めた。
これまでに宮本明恭氏、西田直孝氏、桐原直子氏、マリアンネ・ヘンケル氏、エリザベト・ヴァインツィール氏の各氏に師事。