2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

5月末から突然、慌ただしく始まった東京学芸大学放課後児童クラブ森の子ども教室音楽プロジェクト~世界に1つだけの~「みんなで創るヘンゼルとグレーテル」の本番が11月4日に無事終わりました。

……………いやあ……………。

…………………大変でした。(笑)

とにかく空いてる時間は全て、パワーをこのプロジェクトに注ぎ込みました。

公演予定だったホールのステージは手違いで、野外ステージだったと言うことが分かり、野外での公演は厳しい為、講師陣によるコンサートに変更したり……。

体育館での練習は夏は暑く、秋になったら寒く……。(笑)

最初は意志疎通が難しかったスタッフ陣ともだんだん理解し合えるようになり、子ども達は1~2年生なので全然言うこと聞かないし、じっとしてないし……。

でも、そんな所がとっても可愛くて……。

カーテンコールの練習で私がお客さん役で拍手してあげると練習なのに誇らしげな表情になるのがなんとも言えず愛しくて。。。

練習最終日にはサプライズプレゼントまで書いてくれて。

気がついたら楽しくなっている自分がいました。

子ども達が作ったお菓子の家。

公演では別なセリフが採用されましたが、ある子どもが考えた

「屋根はクッキーで出来ているわ!」に合わせて本物のクッキーを屋根に貼り付けたりしました♪

こうして出来上った子ども達手作りの世界に1つだけのヘンゼルとグレーテルの舞台。

最高の本番となりました。

子ども達の集中力って凄い!

感動的でした。

最後、保護者の方達の嬉しそうな笑顔と子どもが「先生~!」と抱きついて来てくれ、大変だった事が全て帳消しになりました。(笑)

お母様方から頂いた綺麗なお花を見て、頑張って良かったな♪としみじみ思います。

私の負けず嫌いから進みだしてしまった音楽プロジェクトでしたが、出演者の子ども達とそれを支えてくれたお父様お母様、苦しい時を共に乗り越えてくれたスタッフ陣、みんなで創った世界に1つだけののヘンゼルとグレーテル。

最高だったと思います。

みんな、ありがとう♪そしてお疲れ様でした♪


この記事へコメントする















FC2USER403469HEU

Author:FC2USER403469HEU
宮崎県出身。
12才よりフルートをはじめる。
1986年・87年、
宮崎県独唱・独奏コンクールにて連続入賞。
1989年、国立音楽大学入学。
在学中1992年、全日本演奏家協会オーディション合格。
1993年、国立音楽大学卒業。
1994年、東京音楽の森オーディションに合格。
同新人推薦コンサートに出演。
同年、国際芸術連盟オーディションに合格。
翌年、新人推薦コンサートに出演。
1995年8月イタリアにて
レスピーギ音楽院サマーセミナー参加。
アンドラーシュ・アドリアン氏に師事し、ディプロマ取得。
1996年ロータリー財団奨学生に選ばれる。同年、渡独。
1997年国立ミュンヘン、リヒャルト・シュトラウス音楽院に入学し、1998年修了。
帰国後は、2000年12月まで
ムジカ・クオーレフルートアンサンブルに所属、
コンサートマネージャーも務めた。
また、元道俊哉氏のCD、NHK”花の百名山”より「The Flowers」や、”野鳥百景”より「The Birds」に参加演奏している他、多摩六都科学館マタニティーコンサートなど多数の演奏会に参加している。
これまでに宮本明恭氏、西田直孝氏、桐原直子氏、マリアンネ・ヘンケル氏、エリザベト・ヴァインツィール氏の各氏に師事。