2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

早いもので今年も12月になってしまいました。

早い!早すぎます!💦

        

11月11日荻窪音祭参加公演、名曲喫茶ミニヨンでのサロンコンサートでは沢山のお客様に聴いて頂きありがとうございました。

斎藤明子さんとは徳川家康のお母様の菩提寺文京区にある伝通院でのコンサート以来でしたが、本当に楽しかった~!

何が楽しかったかと言うと本番は勿論ですが、本番に向けて合わせをした時に一緒に音楽を作っていける感じが本当に幸せでした。

        

私の音を聴いて「大保さんの音楽は○○の方向に行こうとしてるから私はこう弾きましょうね。」

明子さんの口からこのセリフが何度も出てきました。

色々な奏者と演奏してきましたが、こういう風に私に寄り添って来てくださる演奏家に今まで何人出会えたでしょう。

その配慮は私のブレス(息つぎ)の箇所でも「私がこういう風に弾けばフルートがブレスを取っても音楽的におかしくはなりませんね。」。。。

普段ピアノや弦楽器の人にはなかなか言い辛い所も言わなくても気付いて下さりました。

楽器の奏法だけでなく曲の分析を通して作曲家の伝えたい事を理解したいと日々研鑽を積む明子さんだからこそ、このアンサンブルが出来るのだと思いました。

私達は同じ作曲家の先生に楽曲分析を師事しましたが、先生が明子さんの事をいつも誉めていました。

その事が今回、よく分かりました。

そして嬉しかった事はその本質の部分を理解し評価して下さったお客様がいたことです。

色々な聴き方がありますから、私達の演奏を全ての方が満足して下さるは思っていませんが(でも一人でも多くの方に喜んで頂き楽しかったいと努力はしているつもりです。)言わなくても気付いて下さった方がいた事はこの上ない喜びでした。

そしてその方はやはり日頃から勉強熱心な方でした。

       

本番までは苦しくて逃げ出したい気持ちで一杯でしたが、頑張って良かった~🎵

この日のビール🍺は美味しかったです。


この記事へコメントする















FC2USER403469HEU

Author:FC2USER403469HEU
宮崎県出身。
12才よりフルートをはじめる。
1986年・87年、
宮崎県独唱・独奏コンクールにて連続入賞。
1989年、国立音楽大学入学。
在学中1992年、全日本演奏家協会オーディション合格。
1993年、国立音楽大学卒業。
1994年、東京音楽の森オーディションに合格。
同新人推薦コンサートに出演。
同年、国際芸術連盟オーディションに合格。
翌年、新人推薦コンサートに出演。
1995年8月イタリアにて
レスピーギ音楽院サマーセミナー参加。
アンドラーシュ・アドリアン氏に師事し、ディプロマ取得。
1996年ロータリー財団奨学生に選ばれる。同年、渡独。
1997年国立ミュンヘン、リヒャルト・シュトラウス音楽院に入学し、1998年修了。
帰国後は、2000年12月まで
ムジカ・クオーレフルートアンサンブルに所属、
コンサートマネージャーも務めた。
また、元道俊哉氏のCD、NHK”花の百名山”より「The Flowers」や、”野鳥百景”より「The Birds」に参加演奏している他、多摩六都科学館マタニティーコンサートなど多数の演奏会に参加している。
これまでに宮本明恭氏、西田直孝氏、桐原直子氏、マリアンネ・ヘンケル氏、エリザベト・ヴァインツィール氏の各氏に師事。