2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

今日はレッスン規約の一つについてお話ししたいと思います。

        

先日、昔教えていた生徒さんを偶然見かけました。

向こうは私に気付いていませんでしたし、私も急いでいたので声はかけませんでした。

実はこの生徒さん、辞めたのかお休み中なのか不明のまましばらくレッスンに来ていない人です。(笑)

私達の業界ではこのような状態の生徒さんの事を「fade-out(フェードアウト)した」と言ったりします。

fade-out(フェードアウト)とは音楽用語では「音が次第に小さくなって終わること」を意味しています。

1回目のレッスンの時に「フェードアウトはお断りしています。」とお伝えしていますが、自然消滅していく生徒さんはたまにいます(^^;

そしてフェードアウトしていく人は大体、お月謝を踏み倒していきます。(笑)

でも、悪気がないのか覚えていないのか?

SNSなどで私を見つけると「先生お久しぶりです♪」と明るくお友達申請をしてきてくれたりします。

「あのね~。」と呆れて言いそうになる時もありますが、私の事もフルートも嫌で来なくなった訳ではなさそうなので、師弟関係なのかお友達なのかよく分からない関係で今も縁がある方が何人もいます。

でも本当は私のお教室は礼儀重視です!

小さい頃に武道の経験があるせいか、いかなる場でも「礼に始まり礼に終わる」が大切だと思ってしまうのです。

ですから、3ヶ月以上連絡のない人は退会したものと扱わせて頂き、再度レッスンをご希望される方には改めて入会金をお支払い頂いております。

フェードアウトは固くお断りです。ご注意を。(笑)

        

その一方で「先生にはいつもお世話になってるのでおつりはいりません。」と立て替えた楽譜代のおつり10円とお菓子をくださる生徒さんも…。

この10円にクスッと笑ってしまい、ホッコリと気持ちが和む私なのでした♪

勿論、このおつりはそっと月謝袋に入れてお返ししました。(笑)


この記事へコメントする















FC2USER403469HEU

Author:FC2USER403469HEU
宮崎県出身。
12才よりフルートをはじめる。
1986年・87年、
宮崎県独唱・独奏コンクールにて連続入賞。
1989年、国立音楽大学入学。
在学中1992年、全日本演奏家協会オーディション合格。
1993年、国立音楽大学卒業。
1994年、東京音楽の森オーディションに合格。
同新人推薦コンサートに出演。
同年、国際芸術連盟オーディションに合格。
翌年、新人推薦コンサートに出演。
1995年8月イタリアにて
レスピーギ音楽院サマーセミナー参加。
アンドラーシュ・アドリアン氏に師事し、ディプロマ取得。
1996年ロータリー財団奨学生に選ばれる。同年、渡独。
1997年国立ミュンヘン、リヒャルト・シュトラウス音楽院に入学し、1998年修了。
帰国後は、2000年12月まで
ムジカ・クオーレフルートアンサンブルに所属、
コンサートマネージャーも務めた。
また、元道俊哉氏のCD、NHK”花の百名山”より「The Flowers」や、”野鳥百景”より「The Birds」に参加演奏している他、多摩六都科学館マタニティーコンサートなど多数の演奏会に参加している。
これまでに宮本明恭氏、西田直孝氏、桐原直子氏、マリアンネ・ヘンケル氏、エリザベト・ヴァインツィール氏の各氏に師事。