2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

        

先週土曜日、学芸大学でこどもサポーター認証講座特別支援教育エキスパート講座を受講しました。

こどもサポーターとは「こどもがこども時代にこどもらしくいられるためにサポートする」を目的した、数年前に出来たばかりのまだ新しい認証制度です。

全国にこの認証を受けた人はこどもパートナーが4509人、こどもサポーターが1439人とまだ6000人に満たない程度です。

私は昨年、「こどもサポーター」「こどもパートナー」の認証を受けました。

不登校や育児放棄をされたこどもたちにどう寄り添う事が出来るかという事を白梅大学で勉強しましたが、教授たちの素晴らしい講義に感動して泣きっぱなしでした。

傷付いたこども達の心を見、涙が止まらなかったのもありますが、教授方が日々のお仕事の傍ら、そんなこどもたちの心のケアをする活動をされている様子なども知る事が出来、本当に素晴らしい内容でした。

今年は学習障害、発達障害、知的障害を持ったこどもたを理解し、どのような支援が出来るかという事を勉強しています。

私の所にも、これまでたくさんのこどもたちがレッスンに来ましたが、フルートのレッスンが悩み事相談室になる事もよくあります。

こどもたちの悩みは様々です。

友人関係、好きな人の事、勉強の事、将来の事、家族の事等々…。

誰にも打ち明けられずに苦しんで、小さな胸はパンク寸前です。

そんなこどもたちの話を、私はただ聞く事しか出来ないのですが、その抱えた大きな荷物をどうしたら下ろしてあげられるか?

私にもう少しだけ専門的な知識があれば、こどもたちにもっと寄り添う事が出来るのではないか?

そう考えたのがこどもサポーターの認証を受けようと思ったきっかけです。

私の所に来てくれている悩みを抱えたこどもたちは、フルートが心の支えになっています。

音楽が心の支えとなり、強い心が育ち、自分を表現する手段としてフルートがある…。

そんなレッスンを目指して、私も日々勉強を積み重ねて行きたいと思っています。


この記事へコメントする















FC2USER403469HEU

Author:FC2USER403469HEU
宮崎県出身。
12才よりフルートをはじめる。
1986年・87年、
宮崎県独唱・独奏コンクールにて連続入賞。
1989年、国立音楽大学入学。
在学中1992年、全日本演奏家協会オーディション合格。
1993年、国立音楽大学卒業。
1994年、東京音楽の森オーディションに合格。
同新人推薦コンサートに出演。
同年、国際芸術連盟オーディションに合格。
翌年、新人推薦コンサートに出演。
1995年8月イタリアにて
レスピーギ音楽院サマーセミナー参加。
アンドラーシュ・アドリアン氏に師事し、ディプロマ取得。
1996年ロータリー財団奨学生に選ばれる。同年、渡独。
1997年国立ミュンヘン、リヒャルト・シュトラウス音楽院に入学し、1998年修了。
帰国後は、2000年12月まで
ムジカ・クオーレフルートアンサンブルに所属、
コンサートマネージャーも務めた。
また、元道俊哉氏のCD、NHK”花の百名山”より「The Flowers」や、”野鳥百景”より「The Birds」に参加演奏している他、多摩六都科学館マタニティーコンサートなど多数の演奏会に参加している。
これまでに宮本明恭氏、西田直孝氏、桐原直子氏、マリアンネ・ヘンケル氏、エリザベト・ヴァインツィール氏の各氏に師事。