FC2ブログ
2018 / 11
≪ 2018 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2018 / 12 ≫

また久しぶりの投稿となってしまいました。f(^^;

もう11月も半ば。

気がつくと怒涛の日々だった下半期もゴールが見えてきました。(笑)

先月ですが、2年に一度の発表会がありました。

今回は大きなホールの年。

一時期、毎年発表会をやりたいという声が上がったこともあり、生徒主催の会を開催した年もありましたが、私が目指している発表会は皆が笑顔で終われる事。

今回はやっと本来の、出演者同士お互いを思いやれる穏やかな素敵な本番となりました。

大学の大先輩で元東京フィルハーモニー首席奏者の齊藤匠さんも応援に駆けつけて下さり皆、大感激。

記念撮影の時は匠さんのお隣を確保しようと静かな争奪戦が繰り広げられました。(笑)

特に嬉しかったのは、昨年天国に旅立たれた生徒さんの事を思って本番に臨んでくれた人がいたことです。

その生徒さんは乳癌でした。

でも、いつも前向きでフルートを生き甲斐にしてくれていました。

10年程前の回の時に聴きに来て下さったドイツ人のバイオリン奏者の方から、「オーディエンス(観客)は多い方が皆の勉強になるから、沢山お客さんをよんでください。」と、アドバイスを頂いた事があります。

唯一その言葉に耳を傾けたのがこの方で以降、毎回沢山のお友達を連れて来て下さいました。

ですが、ある回の時悲しい思いをされ、次の回は皆に迷惑をかけたくないからと一人もお客さんを連れてきませんでした。

その生徒さんにとって、それが最後の発表会となりました。

この事が、ずっと悔やまれて仕方ありませんでした。

しかし、「その方の事を思って演奏します。」と言ってくれた生徒さんの言葉で、私も救われた気がしました。

演奏会は一期一会です。

同じ出演者で、同じスタッフで、同じお客様というのは2度とない。

だからこそ、その1回1回を大切にしたいのです。

私のお教室は小さくて、来て下さっている生徒さん達も控えめな方が多いので決して派手な発表会にはなりません。

でも今、勉強している曲に誠実に向き合う方ばかりです。

だから自然とほんわかと穏やかで暖かな空気になります。

打ち上げで、皆の嬉しそうに素敵な笑顔を見て私も本当に嬉しかったです♪

本番、素晴らしい伴奏でサポートして下さったピアニストさんにも感謝です♪

そしてホールの舞台担当のスタッフさん、超親切な方で感動!

本当に沢山助けて頂きました!

心から感謝です。

なんと、麗笛の会10周年記念の時の「魔笛」を覚えていてくれて嬉しかったなぁ♪

記念品は3月に行ったドイツのバッハ博物館で買ったエコバッグと鉛筆です♪

皆、この鉛筆持ってレッスンに来て下さいね。(笑)

そんなこんなで、今回も無事発表会終わりました♪

2年後はこじんまりとした素敵な空間で発表会出来たらいいなぁ。


10月も下旬になってしまいましたが、f(^^;

9月の演奏会の事を♪

先月22日のコンサートの翌日はフルートフェスタin宮崎2018に出演する為に朝一便の飛行機で宮崎へ飛びました。

飛行機に乗り遅れないよう、前日は空港の隣にあるホテルに宿泊。

ホテルでの滞在時間約6時間!f(^^;

ホテル代が高くて目が飛び出そうでしたが、お陰様で飛行機に乗り遅れることなく、無事に宮崎入り🎵

地元に帰るとホッとします♪

空港でちょっとお茶でもしたいところですが、午前中のゲネプロ(通し稽古)しか練習に参加出来ないので、電車とタクシーを乗りついでホールへ直行です。

朝ごはんは飛行機&タクシーの中で。(笑)

ゲネプロにも何とか遅刻せずに間に合いました♪

本番は緊張しましたが、懐かしい地元の人達と一緒に吹くのは本当に楽しかったです♪

私はアルトフルートを担当させて頂きました。

写真は聴きに来てくれた中学時代の友達が撮ってくれました♪

終演後はアルトフルート&バスフルートの特殊管と呼ばれる低音パートで記念撮影。

恩師の桐原直子先生を真ん中に♪

打ち上げ

お魚

お肉

エビ(左)とパスタ(右)

ちらし寿司(左)、右は忘れました。(笑)

トルティーヤ(左)と唐揚げ(右)

唐揚げは食べるの忘れました。(笑)

カルパッチョ

お料理の名前は…f(^^;

忘れましたが美味しかったです💖

サラダ

サラダ用のトッピングとドレッシング

最終の飛行機に乗って東京に帰らなくてはいけなかったので、真っ先にお料理がっつり2皿分頂きまました♪(笑)

名残惜しかったですが、打ち上げを途中で失礼し空港へ。

祭日の為、タクシーがつかまらず宮崎の楽器店トニカの社長とお嬢様で同じフルート仲間のゆきちゃんが宮崎ブーゲンビリア空港まで車で送ってくれました。

ありがとうございました♪

実家にも立ち寄る事も母の顔を見ることも出来ない日帰り里帰りでしたが、これも仕事なので仕方ありません。

東京へ戻る飛行機に乗る時は何となくいつも切ない気持ちになります。

やっぱり地元は良いですね♪

バイバイ宮崎(;_;)/~~~

また冬にね~♪


9月22日(土)は大学時代の大先輩、上坂学さんの主催される演奏会にゲスト出演させて頂きました。

このお話を頂いた時、私には荷が重すぎるとお断りしました。

しかし!!!!!

「アンサンブルは誰とやるかが大事なんだよ。」

とまんまと乗せられてとお引き受けしてしまいました。(笑)

その後、楽譜を頂いて冷や汗。

バッハのBWV1029からクラークのカーブス、バロック~超現代曲まで、しかも超難曲ばかり。

気絶したくなりました。

それでなくても、秋は本番がたて込んでいるので、どうやって練習時間を確保するか、これが本当に泣きたくなる程大変でした。

一言で言うととても苦しかったです。

しかし、練習に行く度に「遠慮しないで食べて~🎵」と、美味しいごほうびご飯の数々。

美味しい食べ物につられて、本番まで頑張る事ができました。

とは言っても、本当に毎日泣きながら練習しました。

こんなハードなプログラムで、ほとんど毎月のように演奏会を20年以上も続けられている上坂さんは凄いと思います。

私にはとても真似出来ません。

たぶん一生に一度になるであろう現代奏法のデパートと言われているイアン・クラークの作品に挑戦出来た事も、良い経験となりました。

しかし、現代曲やるならやはりリングキーが良いですね。

私は普段カバードキーを使っているので、微分音(半音の半音)のように4分の1と繊細な音程を吹かなくてはならない時、運指を自分で探さなくてはなりません。

今はインターネットで運指も探せる便利な時代にはなっていますが、記載されてる指使いでは曲の流れに合った音程が出せない音も沢山あり、最終的には独自の運指を見つけなければならない箇所も沢山ありました。

指使いを見つけられたら、当たり前ですが、今度はそれを覚えなくてはならない。😅💦

脳を鍛えられました。(笑)

演奏会当日は手も足も震える程緊張しましたが、大学の大先輩で元東京フィルハーモニーの主席奏者の齋藤匠さんやお友達、生徒さん達が聴きに来てくれ心強かったです🎵

こんなに怖いと思った本番は久しぶりでした。(笑)

無事に終わって本当にホッとしました🎵

ソロイスツメンバーの皆様、ありがとうございました🎵


大学の大先輩の演奏会に久しぶりにゲスト出演させて頂く事になりました。

20年以上続いている歴史あるコンサートシリーズ。

私はボワモルティエ、大バッハ、クラークの3曲で共演させて頂きます。

どの曲もそれぞれに難しくて久しぶりにプレッシャーと戦いながら、泣きながら必死に練習しています。😭😭😭💦

お時間のある方、是非応援にいらしてくださいね🎵


昨日、青梅児童合唱団第41回定期演奏会が無事に終わりました。

今年も子ども達から爽やかな感動を頂きました♪

私はアンサンブルくにたちのメンバーとして、サウンドオブミュージックで賛助出演させて頂きました。

編曲は足本憲治さん。

久石譲さんの第一アシスタントとしてジブリ映画にはかかせない人ですが、国立音楽大学作曲科の准教授でもあり、偉大なる後輩です。

足本さんの編曲が本当に素晴らしく、「すべての山に登れ」ではとても綺麗な旋律ををフルートパートに書いて下さってました。

そこに合わせたかのように、本番で子ども達が体型移動する演出がドンピシャリとはまり、吹きながらその姿に感動しウルウルしました。

楽団メンバーも昨年と同じメンバー♪

このメンバーが、職人気質で実に素晴らしい仕事をします。

それもそのはず、皆、大学の講師だったりテレビ出演したり、第一線でバリバリ活躍している人達ですから当然と言えば当然です。

そんな中、私はついていくのに必死ですが、この人達と演奏出来るのが嬉しいので物凄く頑張れます。

写真は指導・指揮をされている橋本先生、中村先生、ピアノ伴奏の深沢先生、高野先生と足本さんwithアンサンブルくにたちのメンバーです。

この合唱団の雰囲気の良さはご指導にあたっている先生方と子ども達をサポートしているご父兄の方のお力あってこそですね。

心から尊敬します。

そして昨日は嬉しいサプライズも♪

大学の大先輩で東京フィルハーモニーの元首席フルート奏者、齋藤匠さんが聴きに来て下さり、びっくり!

私よりもびっくりされたのが指導者の先生方でした。(笑)

まあ、元東フィルの首席が突然お客様で客席にいたら普通は皆、驚きますよね。(笑)

実は指揮者の橋本先生と匠さんが大学の同期なんだそうです。

今年も素敵な本番のお手伝いをさせて頂けた事に心から感謝♪

お昼に食べた長浜ラーメンも

打ち上げで食べた沢山の中華料理もとても美味しかったです♪

エビ入り春巻

会いたかったよ~♪エビチリ💖

あい💖麻婆茄子🍆

餡掛け焼そば

デザートは別腹、杏仁豆腐♪

大好きな青梅児童合唱団の演奏会が終ってしまってちょっと寂しい

でも、また声をかけて頂けるよう日々精進します!

来年の第42回定期演奏会は9月8日、羽村市「ゆとろぎ」だそうです。

アイ💖青梅児童合唱団♪

これからも素敵な歌を沢山の人に届けて下さいね🎵


FC2USER403469HEU

Author:FC2USER403469HEU
宮崎県出身。
12才よりフルートをはじめる。
1986年・87年、
宮崎県独唱・独奏コンクールにて連続入賞。
1989年、国立音楽大学入学。
在学中1992年、全日本演奏家協会オーディション合格。
1993年、国立音楽大学卒業。
1994年、東京音楽の森オーディションに合格。
同新人推薦コンサートに出演。
同年、国際芸術連盟オーディションに合格。
翌年、新人推薦コンサートに出演。
1995年8月イタリアにて
レスピーギ音楽院サマーセミナー参加。
アンドラーシュ・アドリアン氏に師事し、ディプロマ取得。
1996年ロータリー財団奨学生に選ばれる。同年、渡独。
1997年国立ミュンヘン、リヒャルト・シュトラウス音楽院に入学し、1998年修了。
帰国後は、ムジカ・クオーレフルートアンサンブルメンバーとして活動する他、多摩六都科学館でのマタニティーコンサートに企画提供コンサート出演など、ソロ、アンサンブル等、精力的に演奏活動を行っている。
その他、元道俊哉氏のCD、NHK”花の百名山”より「The Flowers」や、”野鳥百景”より「The Birds」にも参加演奏している。
現在、R.flute.cnmpany主宰、宮地楽器フルート科講師。
また、中学校高校の第1種教員免許、子ども支援士の資格を持ち、2017年度東京学芸大学放課後児童クラブ森の子ども教室音楽プロジェクトにおいて、代表メイン講師を務めた。
これまでに宮本明恭氏、西田直孝氏、桐原直子氏、マリアンネ・ヘンケル氏、エリザベト・ヴァインツィール氏の各氏に師事。